スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも新たな草とかw

最近ちょっとハオルチアやベンケイソウ科たちの出番が少ないですねー。

今年は節操なく色んなもんに手を出しちゃったからなー。

んで、開花したら記事にしたいもんねー。


でも今日のこの人たちは葉っぱむっちりなのですよ。

これはもう多肉扱いってことでいいんじゃないのー。



レウィシア ピグメアレベルナルディナ Lewisia ???
20100526レウィシアピグ1
だって購入時の名札にこう書いてあるんだもん。
あ、ラベルに書いてあったのはカタカナだけね。
どう検索しても引っかかってこなくて学名かけませんでしたーん。

なんだろ、この品種ー。
「ピグメアレ ベルナルディナ」かねー、「ピグメアレ」はpygmaeaの誤読ね、んで「ベルナルディナ」は地名か人名か固有名詞だよね、はいはい、とか先入観丸出しで調べてたけど、そもそも「レウィシア ピグマエア  Lewisia pygmaea」って全然花が違うしw
ベルナルディナって地名がウルグアイにあったりするけど、レウィシアってカナダとかに分布してる草だからなー。
ウルグアイとカナダじゃ気候が違いすぎっしょ。
あ、ロスアンゼルスにサン・ベルナルディノ山ってのがあるけどこれか?これか?
でも地名だったら、地名そのままじゃなくて、○○ensisみたいに語尾が変化したりカッコ書きだったりすることが多いよねぇ。

んじゃ、あれだ。人名だ。
ドドソンやキムナックやスコットみたいな感じで「ベルナルディナ」か?
いやー待て待て。
そもそもレウィシア(Lewisia)自体が「Lewise」さんの名前にちなんでるわけだしー。
とかごにょごにょやってると、あっという間に夜が更けていきますのでお気をつけをw

ま、名前なんていいんだけどさ。
そんなことよか早く植替えをw

20100526レウィシアピグ2
購入したときから咲く気マンマン。
この多肉質な葉っぱも好きー。

花芽やつぼみ付きで購入しちゃうと、どうしてもおっかなくて植替えできなくてねー。
よっぽどのことがなけりゃ、まぁいっか!花が終わってから植え替えてやらぁ。って気になっちゃうのですよ。
そしてビニールポットのままの苗が増えてゆく~。

20100526レウィシアピグ3
開花。お日様が出てたら本来の美しさをもう少しお伝えできたかも。
純白で和紙みたいな薄~い花びら。

20100526レウィシアピグ4
開花後しばらく経ったら、めしべがくるりんと渦巻いてきた。
咲き始めは中心にくちゅっとしてただけだったのに。かわゆすー( ´艸`)

20100526レウィシアピグ5
花茎があんまり伸びずにボンと咲いてる感じがいいのだよー。
白いつぼみもいいねー。

20100526レウィシアピグ6
何輪かまとまって咲いたときはそりはそりは美しかったんじゃないかと。
断言してないのは、全満開の姿を見てないからでして。
お天気のいい昼間は全部開いてたんだろうなー。
弁慶が目視できた姿は、この画像くらいの開きかけ(または閉じかけ)状態のみ。
満開の姿・・見たかったー。



レウィシア レディビバ Lewisia rediviva 
20100526レウィシアレディビバ1
レウィシアいいじゃん!てことでもう一株買っちったw

某所でやってた某展示会(なにこの文章w)を見に行った際に、山野草コーナーで見つけちゃったのだものー。
ちょうどベランダでレウィシア開花祭り中で気持ちが盛り上がってたのだ。わはは。

にょーーんと伸びた素っ頓狂な姿がよいよね。

20100526レウィシアレディビバ2
こんなオモシロ葉。
やっぱりこれもちょっと多肉気味の葉っぱ。

20100526レウィシアレディビバ3
くすん。咲いた画像これしかないの。
日中に開いてるっぽかったけど、平日お仕事だと見れなくてねー。
やっと撮影できた時にはもうお花終わりかけ・・花びらヨレってました。
来年はピンとした花を見てやるのだ。

20100526レウィシアレディビバ4
この雄しべの先っちょの花粉の色。
サーモンピンクだかサーモンオレンジだか、とにかくこの色がめっちゃ好きです。

20100526レウィシアレディビバ5
開花時は花びらヨレってましたけど、この閉じかけの姿は秀逸。

20100526レウィシアレディビバ6
平日、弁慶が帰宅するとほとんどこの状態。
花は閉じてしまってても、この美しい姿を存分に愛でておりました。

さてさて。レウィシアの開花株が2鉢。
ここは当然、あんなこととかこんなこととかゴニョゴニョっとしてむふふふ。

・・・ってのは妄想だけで終わりました。
だって全く開花期合わなかったんだもん。
来年はどうかな。
というか、きちんと開花してる状態を見れないとゴニョゴニョもままならないわな。










天気の変動が激しいですのぉ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

No title

うわ~ん><;
なんだか最近べんけーさんがとっても遠い世界の住人さんになってしまわれて
もう全然ついていけない危険な領域に踏み込まれてしまわれているようですが・・・
趣味趣向のジャンルだけではなく、学名の由来にまで言及されている辺りもう完全に一般の人ではありませんって感じなのにそんな学術的見地だけに飽き足らずに、こんな詳細すら解らぬようなマニヤックなのを更に「あんなこととかこんなこととかゴニョゴニョっとしてむふふふ。」な事まで目論んでいたなんて!!!
もうねナンでしょ、例えるなら『変態チックなマッドサイエンティスト』(いい意味でw
そんな感じですので、これからもより一層その道を究めるべくあれれのれ~な事しまくっちゃって下さいね♪
って事で、お名前の解らぬソレは名札を信じるのならLewisia pygmaea v. bernardina 辺りではないかと思われますが。カリフォルニアのお山の上の方に生えてるらしいですぉ~

No title

レウィシアが人名だった事も知らないで育ててます(笑)
家のとはタイプが違うレウィシアですね。
ま、家のはどこにでもあるような普及種なんでしょうけど。
そう、昼間しか咲かないんですよね~
でも透けるような花びらは美しいですよね!
これって多肉植物になるんでしょうか?多肉質ってだけ?
なぞです~

No title

透明…果てしなく透明感っ…!たまりませんねー(´Д`)
今タニサボたちも花盛りですがこの花びらはとても魅力的です。
どちらかというとはっぱ隊なのにこれは惹かれます~。
下の記事、そんな食虫満載イベントがあったんですね。行きたかったです(´;ω;`)
いつもどのようにイベント情報をゲトされてるんでしょうか?
弁慶さんのことだから独自の裏ルートとかあるんですよね!
今度食虫のイベントあるときはコッソリ告知お願いします(´Д`)

No title

あー、これかなあ。。。Lewisia nevadensisに、
Lewisia pygmaea var.nevadensis”と
“Lewisia bernardina”ていうシノニムがあるみたいなんですけど。
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=242415776
二つ混ぜこぜにして読み違えたら「レウイシア・ピグメアレ・ベルナルディナ」になりそうな。
ちなみにレウイシアは多肉植物ですお。
観葉価値はあまり無いですが、私は勝手に「花もの多肉」と呼んでます^_^;
レウイシアはうちには今のところ普通の園芸品種しかないですけど。
いずれ原種系にも手を出すんでしょうが、
どっちかっていうと高山性の植物で夏が苦手らしいので、
まずは比較的強健な園芸種でトレーニング、みたいな^_^;

お~、レウィシア!
ビバ!レウィシア!
レディビバ!
いいですね~、レウィシアの花。
ビバ、レウィシアの花!
ビバビバ!
ビバビバリーヒルズ!
ビバビバレッジ!
で、これ、分類的には何?
山野草?球根?食虫?
全く分かりませんw

No title

あ~すさん。
えっとですね、『変態チックなマッドサイエンティスト』にいい意味があったなんて知りませんでした!
ほとんどの人が悪い方の意味にしか受け取らないと思うので、弁慶的には大ダメージなのですが、あーすさんはいい意味で仰ったようなので、ものすごく納得いかねーですがまぁ笑って見過ごすことといたしましょう。
お!お!
レウィシア調べて頂きありがとうありがとう!
カリフォルニアの山ってーと、やっぱりサン・ベルナルディノ山のことですなー。
この場合の名称は 『v』で続いてよいのですね。
『v』の後には植物自体の個体群の特徴がくるとばかり思ってました。ものすごく勉強になりますなー。
またひとつよろしくです!

No title

nenさん。
なんかね、探検家のLewiseさんて人がこの草みつけたらしいっすよ。(今回調べてたらそんな話が出てきた
普通のお花屋さんで売ってるレウィシアって、もう少しお花が小さめで華やかですよねー。
んで花茎ももっと長くみょみょーんと伸びてて。
実はあれにもちょっとだけクラっときてたんです。ロゼット展開する葉っぱがステキじゃん♪て。
レウィシアちょっと好きかも・・・なんて思ってたところにこの地味なレウィシアとの出会いですぜ。そりゃもう買っちゃうでしょ?
うん、この花、和紙細工みたいですっげーキレイっす!
日に透かすともうウットリですよ!
あとはねぇ。早朝に開いてくれればじっくり観賞できるんだけどー。

No title

レウィシアいいっすよね!
自分もオザキで買ってから早何ヶ月か経ってますが、ずっと咲き続けています!花も一度に十輪以上つける種類だったので見ごたえ十分です。
しかも寒さにも強いとなったら屋外放置栽培でも乗り切ってくれそうな・・・と大量購入しそうな自分がいます。

No title

F.I.L.Oさん。
あーん。ふぃろさんごめんにょー。
近いうちに食虫イベあるよーてお知らせしようと思ってたのに、リコメ間に合わんかったー。
おまけに一人で楽しんできちゃったりして重ね重ねごめんにょー。
えっとね、独自の裏ルートなんて弁慶が持ってるはずもなくーw
弁慶もイベント情報は他の人に教えてもらったりしてるけど、普通に日本食虫植物愛好会のサイトとかで告知してるからググってみてー。
レウィシア、いいでそ~。
この花びらの透明感はなんともいえない。
んで、葉っぱもちょっと多肉質だったりするもんだから、そりゃもう好きになっちゃうのも仕方ないと思われ。
ふぃろさん、あーた葉っぱ隊って!
そそそそそんなことカミングアウトしちゃってよいの?
葉っぱ隊ってあれでしょ、衣類が葉っぱ1枚だけなんでそ?w

No title

ぢぇがむ(deagamn) さん。
おう!ぢぇがむさんも調べてくれたのねー!
ありがとう!ありがとう!!
nevadensisのsynかー。
どちらかといえばbrachycalyxの方が、うちのコに近いような気もするんだけど、確かにnevadensisの雰囲気もあるなー。
というか、レウィシアって多肉植物くくりだったんすか!
んでは、私がレウィシアにどハマりしても、多肉world的に問題ないっすなーw
まずは夏越しが問題かなーと考えとりまして、なんかこれ崖っぷちの瓦礫だらけみたいなとこに生えてるらしいので、とりあえずは力いっぱい石っぽい用土に植え替えてみようと思っとりまする。
秋まで生き残ってますようにー。

No title

かめむしさん。
日々の壊れっぷりに拍車がかかっとりますなー
一体だれがあなたをそんな風に変えてしまったのかしら。シクシク。
>いいですね~、レウィシアの花。
とか言ってもらっても、俄然ウソくさく聞こえてしまうのはなぜなのww
レウィシア、なんか好きーと飛びついて買っちゃったけど、全然まだよく知らなくて。
さすがに食虫ではないだろうけど・・・・人を蕩かす食人植物かもねーw

No title

たーしさん。
レウィシアいいっすよ!!
web上で見てて素敵ぃぃぃと思ってましたけど、実物はもっと良かった♪
え、たーしさんとこのレウィシア、数ヶ月間ずっと咲いてるのん?
うちのレウィシアは最初のつぼみが咲いてそれっきり・・・(´・ω・`)
とりあえず、大量購入しちゃっていいんじゃねーでしょうかw
そんでたーしさんの美フォトで弁慶を楽しませていただく、と。

No title

あー、確かにアルムさんとこのL.brachycalyx“Rosea”に
似てるって言えば似てますねぇ。。。
http://alm-alpines.com/gallery_portula2.htm
ちなみにですね、ソースは古いながらレウイシアの判別の手掛かりはこちらに、、、
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=118480
それとですね、この子達がどうかは判らないですが、
うちにあるレウイシアはですね、乾燥にはかなり耐えるんですが、
乾燥してると花が咲かないです。
他の多肉と同じレベルで管理しちゃうと花芽が枯れちゃうみたいなんです。
冬場だからと水をあまり遣らずにいたら、
花付きで買ったやつも早々に花終わっちゃって^_^;
だから、土の選択はその辺が肝になるかも知れないですぉ♪
自然下ですと、地面の保水性が悪くても
豊富な雪解け水とかに支えて貰えるんでしょうけど、
鉢植えでそういう訳には行かないですからね。。。

No title

ぢぇがむ(deagamn)さん。
重ね重ねありがとうございまふー♪
そーなんす。花だけじゃなくて葉っぱの雰囲気もbrachycalyxの方が近いかなーと。
ソースまで貼ってくれて嬉しいなぁ。あとでゆっくり熟読しますよ。
用土はちょっと考えどこですねー。
葉っぱも充分楽しいですけど、やっぱりこれは咲いてこそナンボって気もしますから。
とりあえずは夏を越さないとどうにもならないので、まずはそこからですね。
なんか夏に弱そうなんだもん・・

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。