スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての・・

なんつーかね、もう自分の節操のなさが全ての根源なんですが!

世間には魅力的な植物がたくさんありますよねー(いまさらw

そんな魅力に抗いきれず、ここんとこ色んな植物にちょっかい出しちゃってるもんでね、記事のカテゴリ分けをどうしたもんだかと。

あまりにもカテゴリが多くなっても分かりにくいかなーと自分なりのルールを設けておるのです。
むやみに新カテゴリを作っちゃいかんと。

一般的な多肉植物類は割と細かく種類ごとにカテゴリ作ってますが、それ以外の植物はなんとなくのザックリ分けw
同じ種類が3鉢以上にならない限りは新カテゴリを作らないことにしております。

ま、逆を返せば多肉植物以外でカテゴリが作られてるもんは、我が家に3種以上いるってことですなw

右カラムにカテゴリが置いてあったりしますけんども、【球根・塊根】カテゴリも、【山野草】カテゴリも、我が家の駐在者が3鉢を越えた時点でカテゴリつくりましたさ。

ん?【ラン】カテゴリは???
先ほども書きましたけどね、我が家に3種以上いないとカテゴリ作らないのですよ?w
記事は1本しか書いてないけども・・・そっから先はあんまり追及しないようにww


あいかわらず前置きが長くてどーもどーも。

今日の主役も始めて迎え入れたヒトなもんで、カテゴリ分けどうしよっかなーと思ったんだよねー、ってことを言いたかっただけです。はい。
とりあえず根本にタマがあったから球根カテでいっかw

こっからやっと本題。

初めての!
ぺらるごにうむ~~♪

Pelargonium sp (87' Lavranos)
20100511ペラルゴ1
数ヶ月前にどっかで購入ww
初めてのペラルゴということで結構躊躇したんですけどねー、これはペラルゴ入門としても全然問題ないよん♪との言葉に背中を押されてついつい(^^;)

20100511ペラルゴ2
えっと、ペラルゴニウム属とゼラニウム属の関係について誰か噛み砕いてw
どっちがどっちに引っ越したって?
元々あったゼラニウム属の人たちはどこ行ったのさー!

20100511ペラルゴ3
ほらほら。外側と内側で葉っぱの形が違うのんお分かり?

思い返せば数ヶ月前、これを入手してしばらくしてからのことですねー。
某オザキにこれと同じもんが置いてありまして。
鉢を見ながら同行者と「外と中の葉っぱが違うねー」なんて話をしてたのですが、それと同じもんうちにもいるー!となぜか言いそびれてしまったのも今となってはいい思い出でございます。はい。

20100511ペラルゴ4
切り込みの深い内側の新しい葉っぱ~。

20100511ペラルゴ5
なんとなくもっさりしてる外側の葉っぱ~。

20100511ペラルゴ6
てなことしてるうちに、ちゃんとつぼみがつきましたよ!
つぼみにも毛が生えてんのね。うふっ(キモいw

20100511ペラルゴ7
にょにょにょにょーーん!と花茎が伸びてきてー

20100511ペラルゴ8
咲いた!
わーい!咲いたよ咲いたよ!!
ギガント可愛い花だよ!!

20100511ペラルゴ9
て見惚れてるうちに、ガツガツ咲きました!
我が家でもガツガツ咲きました!
大事なことなので2回言いました!

ふんふーん♪
種採りたいなー。
ぐるぐるの種、見てみたいなー。










にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ

ペラルゴいいね!これはキュンキュン来るね!

つか、記事長いね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

まああれですね、新たなカテゴリーがいくつか増えるのは時間の問題ですね!
と言うかもう既に3鉢以上手を出しちゃってるジャンルがあといくつあることやらですよね~???w
ってな事はまあアレですが、こんな白くて可憐で儚げで清らかそうなお花をあまつさえあんな事やこんな事してタネをとりまくろうだなんて・・・
やっぱりべんけーさんてばちょっとあr(以下自粛w

No title

あれ?
確か最近「弁慶は多肉の人」との心強いお言葉を二度もおっしゃって頂けたと思ったのですが、舌の根も乾かないうちにまたそんな方面に手を出すなんて・・・。
もう誰も信用出来ない・・・。
でもまぁ出してしまったものは仕方ないので解説致しますと・・・・ってあれ?
なんかデジャヴ・・・。
そういえば先日、二和園にてISIJの副会長さんにお会いしまして、最近は球根やら、多肉じゃない物がどんどん入ってきて良く分からん・・・とおっしゃってましたよ。
つまりISIJ的にはこれは多肉では無い・・・と。
僕もそう思います。
となるとこれは何か!?
野菜・・・ですかね。
たぶん土を掘ると、オレンジ色の逆三角形の塊根が埋まってて、きんぴらごぼうなんかに一緒に混ぜて食べるといいらしいですよ。
ただ・・・全然美味しくないですけどね。寧ろまずいくらいで。
そうかぁ、あの野菜、こんな綺麗な花が咲くのか・・。
いいわぁ・・この花。
めっちゃいい・・・。

No title

あっ、あっ、あ~、いつの間にか再開しれるよ。気づかなかったよ~。またいろいろコメいれさせてね。マジメに書くからね。
(初心者、超初心者のカンバン、中級者に換えれば)

No title

だ、か、ら♪
我々が日頃ゼラニウムと呼んでいる植物は、
大昔にGeraniumから独立してPelargoniumになったのですにょ♡
Geraniumに残ったのは、日本ではまずゼラニウムと呼ばれる事のない、
いわゆる「フウロソウ」ってやつです。
これをペラルゴの「ゼラニウム」と区別してゲラニウムと呼ぶ人も居ます。
従って、ハーブ売り場にある様なシドイデスとか各種センテッドゼラ、もみじ葉や
あるいは普通のゼラニウム買って来れば
晴れて「ペラルゴニウム」カテゴリが作れる訳ですにょ♪
ちなみにアップルゼラは良い香りしますにょ♪
コーデックス的な面白味はないでしょうけどね^_^;

No title

あ~すさん。
3鉢以上で新カテ作成ってのはちょっとハードル低すぎかなと。
一気にカテゴリ増えそうなんで5鉢以上にした方がいいかもですなぁ。
ほら3鉢だとさ、一時の気の迷いでそれくらい所有しちゃったりするからね。
ペラルゴの花って可愛いっすねー!
今までももちろん見たことはありましたけど、こんなにズキュン♪だったかなー。
自分ちで咲いたのは格別可愛く見えてるのかもw
こんな可愛い花が咲くんなら、ついついちょっと花色違いも・・・って思っちゃってもムリないですよね?
クルクルのタネを見てみたい、ってそんな理由だけでオイタしちゃうのは人道的にどうかと思われますので、今はただ黙って開花を見守るだけにとどめております。欲望を押さえ込んでおります。弁慶は理性の人なのであります。

No title

かめむしさん。
ろ・・ロマンスマニヤ再臨っ!?
確かにー、このあたりの草っぽいものも範疇に含めると、世界が一気にどどどどん!と広がりますわなー。
でも育てる人が増えてきてるってのは、やっぱり草達に抗えない魅力があるからなのでしょうねー。
間口が大きくなって裾野が広がれば、きっともっともっと楽しい感じになってきちゃうんじゃないでしょうかね~。喜ばしいことですなー♪
って!って!
これニンジンじゃないからー!!
でもさでもさ、ニンジンの花がこれだったら、きっとニンジン埋めちゃう人激増するよねーw

No title

itouさーん。
復活しました♪
やっぱりですね、ブログを書かない日々は寂しかったのですよ。
ここ数日また記事書いてますが、楽しいんだこれがー。
itouさん、ぜひまたいらしてくださいね。
マジメじゃなくてもよいので、またお話させて頂けたらすごく嬉しいです。
(な・・な・・そんな中級者だなんて!まだまだウルトラ初心者の域を脱していません><)

No title

ぢぇがむさん。
おおお!ありがとうございまーす!
そういう噛み砕いた話を聞きたかったー。もんのすごく分かり易い!!
いくつかweb上の記述も見ましたけどさっぱり頭に入ってこなかったww
ゼラニウム、ペラルゴニウム、ってカタカナ表記は読みやすいですなー(そんなレベルw
ん?そういえば。。。
ごくごく一般的な花を愛でるゼラニウム(世間的な呼称のゼラニウム)、我が家にもいたような・・・
ペラルゴとゼラがいるから・・・あと1鉢で新カテゴリ作成だぁ!!w

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。