スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界らん展日本大賞に行ってみた の続き

いやー、この大量画像をどうしていいのか・・
途方にくれたまま第2回らん展のぞき見スペシャルをお送りしますw

とはいえ、こんなに美しいランについて、弁慶が語ることなどなにもございませぬ。
というかですね、まったく未知の世界で語るべき言葉を持っておりませぬ。

画像をご覧いただければなんとなく、そして会場に足を運んでいただければ、この桃源郷のすべてを感じることができるかと思われマッスル。

20100213らん展1220100213らん展13
20100213らん展1620100213らん展17
20100213らん展1920100213らん展52
この画像群、大物ディスプレイと卓上寄植えが一緒くたになっちゃってますけど、そこはそれ。
画像が大量で整理しきれなかったんですよぅ。


20100213らん展41
黒いよ!黒いよ!
この冬、何度からん展に足を運んでおりますが今まで見た中で一番黒いランです。
黒くてツヤツヤして、なのにちょびっと毛も生えちゃってるという、なんとも怖ろしいランです。

20100213らん展45
なんかビラビラしてて華やかでいいですねー。
こういったビラビラタイプよりも、基本ちっさくて細かくて清楚なタイプが好きなのですがー。
でもこれは好き。

20100213らん展63
なんかどどーーんっと盛大に垂れ下がっておりました。
気分は南国リゾート。

20100213らん展88
20100213らん展62
あぁなんと儚げな。
ぜひとも画像拡大して見てください。先っちょまで凛とした風情がたまりませんのぅ。

20100213らん展71
これ、ホントに植物なんでせうか。
なんか虫みたい~(あ、賛辞ですよこれ)

20100213らん展72
おおおおっ。
これは・・・職場のデスクに置いて毎日眺めたい!
ますます仕事に熱が入らなくなること間違いなし!

20100213らん展75
これこれ。画像で伝わるでしょうか。
これね、おもちゃみたいなんですよ。
ツルペカっとした質感がまるでプラスチックみたいで。
ガガイモの花的キッチュさ。

20100213らん展80
20100213らん展81
20100213らん展70
これはもううっとり。
ストーカー的情熱で、この小さな小さな花を追い続けました。
どうやら弁慶もデンドロキラムが大好きな模様。
弁慶 、と書いたのは、どこぞに同じようなこと書いてる人がいるからですw
(そしてこうやってリンク貼っておけば、きっと今度のトラバは着弾するはず)


はい、そして今宵も!
アナタの夢の中をランで埋め尽くすべく、画像貼りまくりタイムがやってまいりました。

この日このときの弁慶の興奮が、少しでも伝わればよいのですが。

20100213らん展5820100213らん展59
20100213らん展6020100213らん展61
20100213らん展6420100213らん展88
20100213らん展8920100213らん展90
20100213らん展9120100213らん展92
20100213らん展6520100213らん展66
20100213らん展6720100213らん展68
20100213らん展6920100213らん展73
20100213らん展7420100213らん展77
20100213らん展7820100213らん展79
20100213らん展8220100213らん展83
20100213らん展8420100213らん展85
20100213らん展8620100213らん展87

ランの世界、ほんのちょっぴり覗き見してきたんですが、非常に魅惑的でクラクラしますね。
この圧倒的な存在感で迫り来られたら、ちょっと好きになっちゃうかも・・・(〃´・ω・`〃)ポッ (←押しに弱いタイプw
キケン領域だと分かってはいますけどねー、でも今後もらん展には足を運んじゃうだろうなぁ~。




■ベランダ気温25時半現在:3度










にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

うわー、今日のもきれーっ (@▽@)ウハウハ 
むいむいの様なオレンジのかわいい!
ラン、全く分からないので、まさに「あなたの知らない世界」なんです・・・。w
昨日・今日のアツい記事で、隙間からちょっと見えてしまったような気がします…
…見えたと言うか、漏れてると言うのか、ステキだだ漏れというか(笑)
扉をそっと開ける…ではなくて、近寄っただけで開いちゃう強制自動ドア!みえちゃった!みたいなw
広くて深そうですねぇー… 蘭沼。でもステキング。
黒いラン、ハゲしくカッコいいですー!!なんだこれ!ゲームに出てくるボスですか?超強そう!

『世界らん展日本大賞』のキーワード検索より参りました(^o^)丿

あれれのれ~
迫り来られたら、ちょっと好きになっちゃうかも・・・(〃´・ω・`〃)ポッ』 って、そんな恋に揺れるお歳頃な感じを演じつつも・・・
本文から察するに これってば既に『ちょっと好き~』どころか、「もうあなたしか見えないのぉ~!」ってな程に、ドップリと危険過ぎる程に甘美なる世界に堕ちてしまってますってばw
あっ、でもここまでの熱き想いでいらっしゃるのですから全然大丈夫ですよ!
世間様からどんなふうに思われようとも好きなら好きと言い張って
己が信じたウヘヘな世界を貫いて幸せをモノにして下さい♪

仲間、仲間

うんうん、弁慶さんも仲間になったのだ。画像群の最下段2枚、左はエビネ、右は風蘭といって日本に自生してるのよ、私は20年以上まえからこの2つにはまっとるのだ。日本産だから年中外でOKなん。風蘭の香はすご~く甘いのだ。
昨日あったレブンアツモリソウは日本の山野草界と蘭界で最高峰に位置する稀品なのです。これを見るためにみんなわざわざ礼文島まででかけるんです。

うわー、デンジャラス

ヤバイです。これにはまると大変なことになりますねー(笑)
色んな形の蘭があるんですねー。
多肉と違って場所を取るから沢山育てるのは難しいですね。

No title

Jさん。
そうそう、まさしくウハウハですよw
なんか息遣いも荒くなっちゃったりして、怪しいことこのうえない。
そんな蘭沼、私もほんっとにまったく知らない世界なので、どうやって水遣りしていいのかさえワカランのです。
多肉とおんなじでOK?それとも乾かしちゃいけない?みたいな。
そもそもなんでこれ土に植わってないんだよぅぅ~!とかそんなレベルですよ。
って、こんな人が書いてるブログなのに、ステキがダダ漏れちゃうなんて・・ランおそるべし。

No title

あーすさん。
えええー。またあーすさんとこだけコメ欄が派手だw
私そんな、熱烈に恋しちゃったつもりはないんですけどねー。
自分でも気付かないうちに熱く高まった想いが溢れ出ちゃってるのでしょうか。
確かにねー、あれは甘美なる世界ですよ~。
ハマったら危険、でもついつい惹き寄せられちゃいそうな、そんな魅惑の領域ですわぁ。うっかり堕ちたりしないように気をつけないとね。
なんていいながら、コメントの最後に「ウヘヘ」とかさりげなく盛り込まないように!w

No title

itouさん。
あああっ。。いけない世界だと分かっていたのに・・・。
エビネも風蘭も聞いたことありますー。
とっても可憐でカワイコちゃんでした!
次に風蘭を見かけたらちょっとニオイ嗅いでみます。
今はまだ見るラン全てが新鮮で、全部に興味津々ですね~。
普通のアツモリソウすら知らないのに、レブンアツモリソウなんて見せてもらっていい経験でした。
んー、やっぱり名古屋のらん展も気になりますねー。

No title

RICARDOさん。
そうなんですよ、うんと危険なの。
近づいちゃいけなかった!w
でももう、知っちゃったからには、あとは欲望との戦いですね。
ランって大きいから・・・と思ってましたけどね、原種系のちっこいやつだと2号鉢ですぜw
あれ?この鉢とこの鉢の間に置けるんじゃね?みたいなwww

No title

うおーデンドロキラム仲間がいるとは思わんかったわ!
いい匂いのするデンドロキラムもあるですよ。でへー。
微妙に臭くね?ってのもあるけど。
トラバまたダメだったくさい~なんでだエキサイト~。
なのでせこせこリンク追記してみましたw

No title

nabeさん。
どうしてトラバが飛ばないのぅ・・・と毎夜枕を涙で濡らす日々ですww
デンドロキラム、すきすき~!
販売ブースでも売ってたけど、花茎が1・2本しかないのは麦穂に見えたりもw
噴水様になってる大株見ると、その中にダイブしたくなるよね!(ぇ

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

?

?ΰ??žФ????
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。