スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥ずかしい部分

ずいぶん日中の気温が下がってきました。
まだ衣替えを行っていない我が家では、朝の身支度時に一家揃って長袖難民となるのです。
今週末こそ、衣替えするぞー!おー!

え~。我が家には「セダム鉢」なるものがございまして。
これは「つぶつぶセダム鉢」とは似て非なるものなのですがね、
その、つぶつぶじゃない方のセダム鉢、名のとおりセダムが、
そうですねー10種類くらい植えられているんですけれど、かつて一度も記事にしたことがありません。
なぜ、記事にしなかった、いや、できなかったかと申しますと。
以下の画像をご覧頂ければ一目瞭然、とても人様にお見せできるシロモノではないんですねー。

さ、ではその驚愕の画像をご覧頂きましょうか。





どーぞっ!

20081102セダム鉢1

20081102セダム鉢2
きゃあっ!なにこれー!

えっとえっとー。
鉢台に乗せてるエケベリア鉢ってのもあるのですがー
このセダム鉢、そのエケベリア鉢の足元に置いといたんですよー、
それでね、その置いたときは春だったもんで、しっかり日光が差し込んでることはちゃんと確認したんですけれどー。
時は移ろい、夏。
日光の照射角がキツくなったせいで、どうもまったく日差しが差し込まなくなっちゃった
みたいなんですよねー、このセダム鉢に。
要するに、梅雨から残暑まで、ずーーーっと日光があたらない日陰で生きてたみたいなんですよ。

そしたらこんなことに。徒長しまくりの伸びまくり。あららら。

こりゃあんまりにもかわいそーでねーの?と私の中の良心が開眼いたしまして
この秋からエケ鉢の足元を離れ、「ベランダの柵に引っ掛け隊」の一員となりました。
ここならね、もう直射ガンガン。思う存分浴びまくれー!

1枚目画像の左上部、オーロラと虹の玉が写ってるんですが、
茎本体は間延びしまくりなのに、成長点付近の葉だけ、しっかりと間隔が詰まってるでしょ?
この詰まってる部分が、ベランダ柵に場所を移してから成長してきた部分なんですよ。
いやーなんだか分かりやすい。
日差しの有無で、こんなにも差が顕著に出るもんなんですねー。

なんとかモリモリした鉢に成長してもらうべく、
この秋、切って挿してばら撒いて。を繰り返しました。
ばら撒いた葉から、ぞくぞくと根や葉が出てきてるので、
数年後には超カッコいい「暴れセダム鉢」が出来上がってる予定。



にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。