スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御礼

先日の記事に対して多数のコメントを頂きまして、ありがとうございました。

本来ならば個々のコメントに対して一つ一つお礼を申し上げたいのですが
みなさん鍵付きでお声掛けくださってますので、一記事とさせて頂き、近況と御礼を申し上げる場と致しました。

さくらは亡くなった翌日に葬儀・火葬・納骨を済ませ、昨日は墓参致しました。
ほんの数日前まで元気に走り回っていた身体が、今はもう存在しません。
大きな力に見守られながら、ゆっくりゆっくりと天へ向かっているものと信じています。


私の身をご心配くださった方、ありがとうございます。
弁慶は元気でおります。

仕事にも行っておりますし、ご飯もきちんと食べております。
さくらを死なせてしまいながら自分は食事を摂ることが腹立たしく思えるのですが
家族もいる身ですので私まで倒れるわけには参りません。

他に草も熱帯魚もクワガタもおります。みな生きていますから。
きちんと、とは言えないかもしれませんが、毎日世話もしています。

夜はさすがに・・ぐっすり朝まで、というわけにはいきませんね。
私は今まで家人とは別に、さくらと共にリビングで就寝しておりました。
さくらが天に召されてからは、夜中に何度か目覚め、いつも隣にあったはずの小さな温もりを探し、部屋の中に気配を探し、現実に打ちのめされて再度眠りにつく、ということを繰り返しています。
が、それでも身体に必要なだけの睡眠はきちんと確保できておりますので、どうぞご心配なきよう。

勤務中や外出中はいくらか気も紛れているのですが、帰宅後リビングに一人でいるのはどうにもやりきれないですね。
今まで、私が起きてる間は必ず膝の上に小さな身体が乗っていましたから。
温もりを求めていたのは彼女ではなく私だったということに初めて気付きました。

柔らかな温もりと大きな丸い丸い瞳の持ち主がいなくなった部屋にいるのは、正直なところを申し上げればかなりしんどいです。
そこかしこに彼女がいた名残を見出せます。
つい彼女が動いていた姿をトレースし、その度に心が大きく揺れ動きます。

息子たちにとっても今回の突然の出来事は大きな衝撃だったと思います。
ただ、子どもというのはとても柔軟ですね。
何度も涙を流し、さくらに呼びかけながらも現実を受け入れる努力をしようとしています。
息子たちの心のケアもしなければと思いつつ、私の方が子どもたちから励まされている始末です。

たかがペット、されどペット。
賛否両論あるかと思いますが、やっぱりさくらは家族の大事な一員だったと深く深く感じています。


皆さんから励ましのコメントを頂き、暖かい言葉のひとつひとつが心に沁み、泣けて泣けて仕方ありませんでした。
長い社会人生活、職場で涙をこぼしたのは初めてのことです。
会ったこともない我が家の愛犬の死を悼んで下さった皆さんのお心遣いに深く感謝し、
心の底から御礼を申し上げます。ありがとうございました。


2009年11月11日


追記:植物には本当に心を癒す力があるのかもしれません。
    ベランダで植物を見渡していた際、波立っていた心がほんの少し、穏やかになったような気がします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

家族・・・ほんとにそうですね・・・
私も実家のワンコを8月に亡くしたばかりで、すごく落ち込みましたが、
それよりも父は定年退職して2年間、ずっと一緒で・・・仕事もしてないから1日思い出すらしく、落ち込みかたも激しかったですが最近は落ち着きをとりもどしてます。
ほんとに、小さな姿ですが家族の1人だし、飼い主にとっては何歳になってもあかちゃんのままですよね・・・
弁慶さんも少しずつ気持ちが落ち着いてくると思います。
ご飯をしっかり食べて・・・・
時間が薬ですからね・・・どうか、体をこわさないように・・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ゆるり花ちゃんちのワンコ、ペーくんの時もそうでしたが、こうして命が消えてゆく様をお聞きすると、改めて我が家のまだ先であろう命の尊さを考える次第です。。
何時かはね、私達より早くに訪れるであろう出来事を心に言い聞かせながら世話をする、、、何時かはね、その日がやって来る、、、
ただね、さくらちゃんは、早過ぎた、、、家族の皆さんが驚きと戸惑いの中での生活が何時までも続いていては、さくらちゃんも心配しますよ。。
命ある間は、愛して愛して可愛がってきたのだから、自分自身を責めてはダメですよ。。
本当に忘れる事は、出来ないけれど月日が癒してくれますよ・・・
お魚も植物も土もね。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ゆるり花さん。
遊びに来ていただいた早々こんな記事ですみませんでした。
お父様の悲しみ、いかばかりかとお察しいたします。
帰宅するとかなり心がかき乱されますが、私などまだ仕事で気がまぎれる分マシなのでしょう。
時間が薬、たぶんそうなのでしょうね。
この後悔は時が経っても消えそうにありませんが、悲しみはきっと年月が癒してくれると思いたいです。
悲しんでばかりいると先に逝ったものが天国に行けない、と聞いたことがあります。
皆さんから頂いた言葉で、私の気持ちも癒されています。
少しずつ少しずつ、前を向かないといけませんね。
草たちも日々成長していますので、ブログも近々に再会いたします。
ゆるり花さんと楽しいお話もたくさんしたいですね。

No title

はじめましてのsecretさん。
いつも見て頂いてたようでありがとうございます。
全然、無礼でも失礼でもないですよ。ブログなんてROMだけしてる方のほうが多いんですから。
それでもお声掛けくださってとても嬉しいです。
仕事もあり家族もあり、一日中悲しみとともに過ごすことはできません。
どれだけ流しても涙は尽きませんが、職場では普通に会話もできます。
息子たちの話にも笑顔で返してやらなければなりません。
でも職があり家族がいる、支えてくれる友もいる私は幸せなんだと思います。
更新を楽しみにしてると仰って頂いてとても嬉しいです。
ブログも近々に再会しますから。
また遊びに来てくださいね。

No title

ふくママ=のこママさん。
後からどれだけ悔やんでも時は戻せないんですね。
あの時すぐに対処していれば、との思いがずうっと胸に残っています。
口の利けない小さな命だからこそ、常に最善の方法をとらなければいけなかったのに。
職場の友から「休日でよかったよね、一人で逝ったんじゃなくてよかったね」と言われました。
一日ずれていたら平日だったわけで、もしかしたら家族が誰もいない中で逝ってしまったかもしれません。
せめて最後のひと時をともに過ごせてよかったんだと、そう思うようにしています。
波立っている心も、居心地の悪いリビングも、時間とともに少しずつ和らいでいくでしょうか。

No title

11/11のsecretさん。
本当に。職場でも泣けました。
亡くなった翌日が月曜日で、早朝に葬儀を終えて出社したんですが、
PCの壁紙をさくらの画像にしてまして。
PC起動して壁紙が目に入った途端に思わず号泣してましたね。
仕事をしていてもふと気付くと頬が涙で濡れていたり。
前日から泣き続けでしたので、職場の人がみな二度見するほど顔も変形していたようです。
いつかきっと、時間がさくらのことをいい思い出に変えてくれると思いたいです。
11/11のsecretさん、ワンちゃんといつまでも仲良くしててくださいね。

No title

11/12のsecretさん。
わざわざおいで頂きましてありがとうございます。
なんだかまだ夢の中にいるようで現実味がありません。
家人は頑張って少しずつ日常を取り戻そうとしてる中、私だけがまだ取り残されています。
それでもやはり前を向いていかないとなりませんから。
さくらが早く安らかになるためにも、いつまでも悲しみだけを抱いてるわけにはいきませんからね。
さくらは幸せだったと思う、と仰って頂いてありがとうございます。
なによりありがたい言葉です。
さくらとのことがいつか良い思い出となるよう、今はできるだけ早く時が過ぎるようにと願っています。

大変でしたね。

冥福を祈ります(-人-)

No title

遅れましたが、さくらちゃんのご冥福をお祈りいたします。
弁慶さんの優しさに包まれて、きっと虹の橋に無事辿りついたと思います。

No title

RICARDOさん。
どうもありがとうございます。
ペットの死ではありますが、私の中では予想以上に重く苦しい塊となっております。
いまは時が過ぎるのを待つだけです。

No title

濾過一ファントムさん。
ありがとうございます。
うちはペットの死ですが、ファントムさんの方がきっと悲しみは大きいはずです。
私のほうこそきちんとしたご挨拶もせずに失礼しました。
お爺様の逝去の件、心よりお悔やみ申し上げます。。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

?クJ?

?クJ??クI梢ξ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。