スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”G” に捧ぐ

唐突にこんな話しで恐縮ですが、みなさんのお宅でアレを見かけたことありますか?アレ。
数センチくらいの大きさの昆虫で、黒くてテラテラ光ってて高速移動するヤツなんですが。
攻撃しようとしたりすると、時折人に向かって飛んできたりなんかもするみたいな。
北海道にはいないんだ、なんて話も聞きますが、最近は交通手段が便利になったり耐寒仕様になったりしてて、北海道でも出るとか出ないとか。

そんな、通称"G"ってやつなんですが、そういえばここ何年も見てないなぁと。
少なくともこの家に引っ越してきてから7年、家の中で見たことはなかったような。
あ、でも間違いなくいるはずなんです。
築数十年経過してる古い建物ですし、ご近所では室内に出たとかいう話もありますから。
我が家では見てなくても、外廊下を散歩中のGと遭遇したこともありますしね。

そんなGと久々のご対面。

今朝のこと、いつものようにムクリと起床し、おもむろに2本ばかり煙草をくゆらせましてから、さて歯磨き。
これがいつもの朝のパターンでして。
で、歯ブラシを咥えながらベランダに通ずる窓を開け、外の天気や真下にある公園を眺めながらガシュガシュジャコジャコと歯磨きをするわけです。

今日もいつもどおりに外を眺めながら腰に手を当て歯磨きをしておりましたところ、ベランダの右端、視界の片隅に黒いものが動いたような気がしたんですって。
むむむと凝視すると、そこには確かにGが。
今まさに、隣家のベランダから敷居を乗り越え、我が家のベランダに入りこもうとするところ。

を?を?などと戸惑っているうちにGってば我が家に侵入。
歩みを止めることなく堂々とした足取りで我が家のベランダを闊歩してるわけです。
先に書いたとおり、うちではGを見ないので殺虫剤の類なんかは何にも常備してないのですよ。
台所用洗剤で攻撃!とも考えましたが、あれはなかなか狙い通りに撃てないんですよねー。
ましてやそこは多肉植物最多発地帯。万一植物に洗剤がかかったら後の始末が面倒でしゃーないし。

なんてジャコジャコ歯磨きしながら躊躇してる間にも、Gは何かを目指してまっすぐ突き進んでるわけです。
どこにいったか分かんなくなったってのはサイアクですので、とりあえずGから視線を離さず後をついてったんですが、なんと、Gは反対側の隣家のベランダに向かおうとしてるではありませんか!
脇目も振らずに一直線にベランダの端まで辿り着き、敷居を乗り越えて隣家に入ろうとしたその瞬間!!
やつは力尽きたのです。
思えばどことなく動きが鈍かったような気がしないでもない。
ともかく隣家に入ってからではなく、隣家に入ろうと敷居を乗り越えようとした時に力尽きたので・・・
なぜか我が家のベランダで、歯磨き中の私に看取られて天寿を全うしたのであります。


なんでうちで死ぬんだよぅ


虫担当者(次男)を起こして後始末を頼むも、ガバと跳ね起き
「やっべぇ、宿題やってなかった!急いでやらなきゃ!!ちょっとオレ忙しいから!」
などとつれない態度であしらわれ、途方にくれて佇む月曜の朝。

涙目になりながら自分じゃどうすることもできないうちに時間を迎え、ベランダに黒いヤツを残したまま仕方なく家を出ましたよ。
夜は、きっと夜には虫担当者の手が空いてるはずさと思いながら。

そして帰宅。すっかり忘れていました。月曜日は虫担当者は空手の日だった。
9時の帰宅を待ちわびて、道着を脱ぐ間も与えずにベランダに連行!お願い!何とかして!!
うぉ??
朝には確かにそこに居たはずのG、なぜか影も形もなくなってるー。

すでに生なき肉体でしかないはずなのに、カレはどこへ行ったのだ。
さまざまな憶測が頭を巡るけれど、ここはひとつ、秋の陽光に包まれながら千の風になったのだと、風化した肉体はすでにどこにも存在しないのだと、そう思うことにしよう。うんそうしよう。

他の推測は認めませんのでそのつもりで。



ということでおもむろに今日の多肉world。なにこのブログw


今日のごぼう
20090912マライシーvノタビリス1
久しぶりに根っこ見てみましたが、ごぼうみたいになってました。

20090912マライシーvノタビリス2
質感もごぼうそっくり。ちょっと古そうな根っこ。
先っちょには白くて柔らかそうな新根がもじゃもじゃ出てたので安心。


ハオルチア マライシー v. ノタビリス
20090912マライシーvノタビリス3
ごぼうの正体。前回記事はこちら→2009年4月24日
入梅前くらいだったかなー。陽射しが強くて全身真っ赤になって抗議してたので、日陰に引っ込めました。
ずいぶんキレイな色合いになった~。

20090912マライシーvノタビリス4
でも葉っぱは開いてます。
若干浮き上がってるように見えるのは、足元に仔ができてるから。

20090912マライシーvノタビリス5
ちくちく~。
私は葉先の枯れ込みに萌えたりするのですが、やっぱりピンとした瑞々しい先っちょもキレイね。

20090912マライシーvノタビリス6
細い葉ながらもクリアな窓が。
真っ赤だったときは窓なんて判別できなかったしw

ま、あれだ。元気に育てw






にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

No title

いろいろ推測したいけど、弁慶さんもしてるだろうから、書かない。
今日の疑問ーゴボウ根、2本あるけど、普通、何本くらいでるのかな?大きくなると殖えるのかな、ずっと1本で通すのもあるのかな?野生(地植え)ではどれくらい伸びるのかな。---そんなこと、考えたこと無いですか。

No title

いいなぁ、虫担当者の次男君がいて・・・・
チビは、私以上に虫だめなので(困)
次男君バイトに来ない?って遠すぎですな。
うちは、主人が担当者なんですが、さすがにGの時はしないけれど、セミとかの場合「ホレッ」とか言って、目の前につきだしたりするから(>_<)
ああ、いやだいやだ。
ノタビリスってきれいよねぇ♪
きらきらしていて最高です。
そう言えば、どこかで、ハオにも茶色い色の根っこの種類があるって聞いたけれど、ノタビリスがそうなのね。あれ?でもうちのは白かったはず・・・・。個体差なのかな?土の種類なのかなぁ?
疑問が疑問を呼ぶ(笑)

う~ん「Gとの死闘?(長編)」堪能させて戴きました(^o^)
いや~どこ行ったんでしょうね~。
怖いですね~。
更なるGの襲来に備えて、こうなったらベランダを食虫だらけにしちゃいましょう!
そういえば今年はG見てないなぁ…。
平和だ…。
ハオの場合、時に根より本体の方が小さい時とかありますよね~。
抜いてみて、準備した鉢じゃ入りきらなくて慌てて変更…って。
ホントびっくりしますよ(^o^;)

No title

我が家のG担当は・・・・私です。
夫は 遭遇すると悲鳴をあげて私を呼びにきます。
私の武器は スリッパ。一撃必殺で私の自慢でした!
しかし・・・・年をとったので今は なかなか。。。。
こんな記事も夏に書いたのですが、お披露目ならず~いま思い出したの。
猫が退治してくれたらいいんだけどなぁ。
余りに立派なごぼう根の太さに、わが足を眺めてしまいました。
とても奇麗なハオだなぁ~、イカシテマス!

No title

コワイですね~!世の中にはそんな黒くてテラテラ光って高速移動しながら人を攻撃してくる虫がいるのですか!!!
確か・・・いにしえより伝わる伝説では、その恐怖の虫を1匹見つけたらその近くに100匹は潜んでいると云う言い伝えがありましたよね?w
ハミガキの途中で見つけたのでしたらば、口から歯磨き粉の毒霧吹いて攻撃を・・・ってそれ何てムタ?w
他の推測は認めてもらえないと云う事ですので弁慶さんの推測を尊重すると、
風化した肉体は風に流されベランダ中を漂い、死してもなおその魂は失った肉体を求め彷徨い夜な夜なGの亡霊がベランダを徘徊すると・・・そう思う事にしよう。そうしよう♪

No title

え~。。。Gの正体が未だにわかりません。。。
ゴリラ??
しかし、次男担当。。。。
あ~空手やってるから強いのかな??
最近では一般家庭にも出るのかな??
ゴキ。。。。い。。。いやまさかね!!
ゴマフアザラシ??

No title

そうそう、弁慶さんてば、アロマチクスが欲しいんですって?
いろいろなサイズ取り揃えておりますぜ!!
チビ苗から3号くらいまでありますよ。
水から目ならそんなに大きくならないし、大きくなったらバッサリ刈りこめば現状維持できますよ。
で、どのくらいのサイズのが欲しいの~?

No title

itouさん。
そうそう、あえて推測なんて書かなくていいですよ~。
私は千の風になったと信じてるんですから。
この太い根っこ、我が家では2~5本ってのが多いですねー。
1本はあんまり見ないな~。
野生だと結構土が痩せてるでしょうから、効率的に養分摂取するために細根が一杯でてるとか?
いやいや、直下深く太根が掘り下げて、その先で細根がモシャかな~。
って、考え始めると結構面白いですね、これ。

No title

bisuiさん。
いいでしょ~。虫担当者。残念ながら我が家専属ですの。ほっほっほ。
ノタビリス、ちょっと前までカサカサだったんで、こんなにキラキラするとは思ってませんでした。
窓もピカピカでねぇ、今まで粗雑に扱って悪かったと反省しましたよ。
そういえば。
根っこ白いのと茶色いのがありますね。
何だろ、用土の違いなのか元から備えてる個性なのか。
これからは根っこの色も要チェックですね。

No title

かめむしさん。
いくらベランダとはいえ、いくら隣家からやって来たとはいえ、我が家の居住スペース内でGに遭遇するなんて。ちょっとショックなんですよ。
更なるGの襲来に備えてってw
もう襲来予定はないと思いたいんですけど。。。
ハオの根っこ、収まりきらないようならカットしちゃってます。
どんどん鉢サイズを上げていったらベランダがパンクしてまう!!

No title

キャットママさん。
おおお!スリッパで一撃必殺とは!!
とりあえずは確実にしとめる事が大切ですよね~。
でないと我が家のように気づいたら消え失せてた・・なんてことに。。
あ、違う違う。うちにいたGは千の風になったんだったw
ノタビリス、綺麗ですよね~。
日に当たるとキラキラするんですよ。今までこの美しさに気づかなくて、なんとももったいないことをしました。
しっかりしたゴボウ根ばかりだと、根の整理が楽チンです~♪

No title

あ~すさん。
1匹見たら100匹・・・うーん、ゾワゾワしてきた。
でもいそうな気がする、というか帰宅したら出迎えられそうな気すらしてきた。
でもでも、ヤツの魂は私に感謝してると思いますよ~。
手助けこそしませんでしたが、ちゃんと看取ったんですから。
魂になって漂うなら隣家のベランダに・・・
え?え?
私、ムタ扱いなの!?
てことは・・・うちの息子って・・ボノちゃん???

No title

トロやんさん。
お。ちゃんと分かってるでないの。
そうそう、ゴマフアザラシだよ。うちの次男が担当者ねww
まさか隣家から来るとは思わなかったからね~。
いや~ビビった~ww

No title

bisuiさん。
うわ!bisuiさん耳が早い!というか目が早い!
アロマチクスが欲しいって、それちょっと端折りすぎでしょうww
増殖しないなら迎え入れたいのにねってことですってばぁぁ。
しかも、そんなに大きくならないし、って!w
bisuiさんち8号鉢からはみ出てるらしいじゃないすか!ww
でもほら~。
そんなこと言ってても、色んな誘惑にコロっと墜ちちゃうのが私のいいところなんで~w
とりあえずは秋のイベントが一通り終了してからお願いします!
イベントがらみでかなりベランダの勢力バランスが変動すると思うので、それがひと段落してから考えますです~。
ふふ。楽しみや~♪♪

No title

Gね、G。ゴールドのGだったらどんなにいいことか…(面白くない…)
沖縄の草むらに夜行くとたくさんいてそれが珍しくて後をつけてしまいました。
本州でも屋外に生息してほしいですよね。
Gもいやだけどこっちでは毛虫が知らないうちに頭上から落ちてきて、今期2回もびっくりしましたよっ
帽子をかぶってて良かった…

No title

家はデッカイGが飛んできますが何か?(笑
バルサンしとくと家の中に入ってこなくなるよぉ~!
家は引っ越す前に一度やって有ったので2年は持つようだ!
今年になって初めて見かけたので。。。
 来年の梅雨の前にまたやるっす!
水槽出さないといけないからね。。。大変だからね><
 ごぼう足は多分新しい根っこが白いんだよね?
伸びて一年以上だと茶色って聞いた事有るけど!
 まぁ元気なんで良いんじゃない?(*^_^*)

No title

楽しい短編ノンフィクションでした。。
ホントに弁慶さんは、才文がおありだわぁー!!
ゴボウですか。。
しっかしハオ様の地下は、地上とは別世界ですね!!

No title

弁慶さん~
ハオはなぜかG引き寄せますよ~~(*´艸`)
ハウスの中で鉢トレー上げたらGが攻撃してきたw
ノタビリス、子ふき旺盛ですね^^

No title

ユキさん。
おー!ゴールドのGね。それならいくら侵入してきてもいいぜw
今回のGには全く価値を見出せないけどね。
生息するなとは言わないけどさー、住宅地には一切入り込まないで欲しい~。
山とか林の中で野生で生きてる分には構わないからさー(なんちゅーエゴw
け・け・毛虫?落ちてくるの??
しかも今期2回って結構頻度高いww

No title

m.okusamaさん。
バルサンかー。炊いたことないな~。
そっか、水槽もダメなんだ。なんだかオオゴトになるんだね。
これっきりでもう入ってこなければいいんだけどさー。
結構弱ってたみたいだから、きっと隣家で攻撃されて逃げてきたんだねぇ。
ちゃんと隣家でしとめてくれると嬉しいのだが。
そうそう、新しい根っこは白いよね。
これは相当根が古かったのかな~。
ま、いいんだけどさー元気だからww

No title

ふくママ=のこママさん。
いやいやいや、ホントになんかもうスンマセン。
いつも駄文を書き散らかしておりますが、今日は一際長くなっちゃって~。
どうしてもGの話しを書きたかったんですよぅ。
ハオの地上部って窓がピカピカだったり、繊細なフワフワ毛が生えてたりするのに、地下部はこんなんですもんね。
でも根がコレだけ太いと、扱いがラクチンです。
草花の細い根っこなんかだと、そうそう全部ほぐして見れるわけじゃないですもんね。
これは・・・ご覧の通りw

No title

ちゃかさん。
!!
うっそーーーん!
引き寄せるの?ハオ?Gを!?
トレー持ち上げていたりなんかしたら・・・卒倒もんですな。
ほうさん団子とかベランダに撒いちゃおうかな・・

No title

ゴッキーは、なぜ力尽きたんだろ・・・う~ん 悩むなぁ・・・
死んだフリか・・・
まぁ、次出てきた時に聞いといてくださいな(^o^)
こんなに立派な根っこなんですね~
深鉢に植える意味が、よ~くわかります。

No title

CACTUSFEELさん。
あ、そんな、はっきりゴッキーなんてww
ハオは結構こんな根っこが多いですよね~。ぶっとくて長いの。
径は問題ないのに鉢の深さが足りないようなときもしばしばなんで、そんなときは根っこカットしちゃってます。
健康であれば、きっと切り口から細根がわしゃわしゃ出てくるんではなかろうかと。
出てこなかったら・・・・諦めますww

No title

Gのことばっかり気にして手ハオルチアのコメントを書きそびれました。
ノタビリス、所々が透明に透けているところがとってもきれい。
こんもり群生させたらキラキラ光りそうですね~。

No title

G、その後きっと蘇ってどっかの鉢の中に・・・(笑)
家もよく隣のベランダからやってくるんですよ~Gが・・・
なので境界線に近いところにGほいほいを設置しているのですが、よく多肉パトロール中にうっかり踏んじゃうんですよね~

No title

ユキさん。
まあ!ご丁寧にありがとうございます♪
そうなんですよ。このノタビリス、緑になったらツヤツヤピカピカの葉になりました~。
こんもりとギザギザ山にしたら綺麗だとは思うんですけどねー。
もう少ししたら、やっぱりきっと子は外しちゃうと思います。
性分ゆえ、なかなか群生株がつくれなくて~・・・

No title

あるあるさん。
いやーー!そんなこと言わないでーーww
一気にベランダが鬼門になるじゃないですかー。
ほとんど見ることはないですが、今回のような万一の時用に殺虫剤を一本買っておこうと思います。
Gホイホイ、置くのはいいですが、処分するのがイヤ~ww

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。