スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連なるハートが春を待ち・・

今朝の東京、ひっさしぶりに手がかじかむような寒さでした。指先が冷たいのなんのって。
先ほど、22時くらいに帰宅しましたが、朝の方が全然寒かった。
今年は暖冬と言われてますが、それでもやはりこの時期になると春が恋しくなってきますー。


ブラウンシア属 アピクラータ (2008年6月8日播種:実生から約8ヶ月)
20090214アピクラータ1
昨年初夏に種を撒いたアピクラータちゃん。
およそ3ヶ月前の前回記事やー、5ヶ月前のこの記事なんかを併せて見てみるとー、より一層成長具合がお分かり頂けるかと。おヒマな方は見てみて☆

20090214アピクラータ2
ハート型の葉っぱが、90度ずつ向きを変えて交互に出ています。かーいいー。

20090214アピクラータ3

20090214アピクラータ4
ここまで育ったら、これはもう実生成功と言ってもよくね?
初心者にしちゃ上出来上出来。

さ、今年も撒くぞー。


■ベランダ気温24時半現在:9度(明日は雨だってよ)



にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

紫のは

メセンの仲間ですか、やたら良く伸びますね。
あおあおと育っているのに隠れていじけているような紫のはなんぞ。
もし同一品種だとすると、どっちが本来の姿?

あれ?

おはよう!
すんごいロマンチックなタイトルに惹かれちゃってフラフラ~と♪
あれれ~?
これ・・・碧魚蓮?そうですよね・・・・?
ちょっと葉が平たいけれど、この茎の赤さと葉の透明な縁取りは間違いなく碧魚蓮だわ!
大好き!すごいな~すごいな~♪
種余ってな~い?これ蒔いてみたい!ほすい~~~~♪
あ・・・・・興奮してしまいました、朝から。。。。。ヤーネ!

No title

itouさん。
アピクラータの足元で紫色になってるやつもメセンです。プレイオスピロスの紫帝玉。
まだチビチビ苗だった時分に、一緒に植え込んだんですよ。
紫帝玉は上に伸びるタイプではないので、このアピクラータは上へ上へ。紫帝玉は足元でより丸く。とそれぞれ個性的に育ってます。緑と紫のコントラストもキレイですよ~。

No title

キャットママ さん。
碧魚蓮とよく似てますよね~。でもたぶん・・違うような。。
アピクラータは、和名で「青稚児」と呼ばれてるものだと思います~。
碧魚蓮の方が、葉っぱのマチが厚いんですよね、葉の長さも短めだし。
見たことはないんですが、なんでも花の色も違うようですよ。
ぜひとも両方並べて見てみたいですよねー。
種?
目の前に種があったら、季節を問わず撒かずにはいられない弁慶ですよ?
もちろん、昨年全部撒いちまいましたともー。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。