スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界らん展日本大賞2014 に行ってみた

都内某地方ではみぞれ予報だったにもかかわらず大雪に見舞われた先週のバレンタインデー。
各地では大きな被害が出ているようですね。皆様のお宅や草花はご無事でしょうか。

そんな大雪の翌日、1年で1番楽しみにしていると言っても過言ではない
世界らん展に行って来ましたよー。

いやもう考えてごらんなさい。
常時くるぶしまで氷水に浸かりながら荒れ狂う風雨の中を進むサマを。

一応雨靴など履いて行きましたが、長靴じゃなく甲丸出しの普通の靴じゃ何の意味もなくてねぇ。
もうね、「死の行軍」とか「八甲田山」とか不吉な単語ばかりが脳内を渦巻く中、
一歩一歩東京ドームに向かって歩を進めるわけですよw
氷水に浸され続けた足指、会場で靴下履き替える時には真っ赤に腫れてましたから。

なぜそこまでして東京ドームに向かうのかと問われても
そこにドームがあるから、としか答えられませんがね(フッ

しかし頑張って行ってよかった!
2329.jpg
会場ガラガラ。こんな空いてる会場を見たのは初めて!

ちなみにこちら、ちと古いですが2011年の世界らん展。
IMG_8009.jpg
角度も範囲も違いますが、人出の多さはお分かりいただけるかと。

大雪で被害を被ってる方々には大変恐縮ですが、
そして道路事情や電車事情によりやむなく不参加となった方たちにも大変大変恐縮でございますが、
ゆっくりと楽しませていただきました。

本年の大賞株
2336.jpg
今年はエピデンでした。
昨年はフラグミでその前はデンドロ、さらにその前はセロジネと。
大賞株含め、数々の受賞株を肉眼で見れるのもよい経験です。

Rnd. Pixie Valley 'Piccolina'
2341.jpg
個別審査部門のトロフィー賞を受賞してました。
これ好き!とにかく小さいのがいい!

そしてこれ。大好物。
2424.jpg
葉の芸は冴え、矢はむちむちと。
(葉芸とか矢とか言ってみたかっただけですすみません><


そして毎年毎年東京ディズニーランドもかくやというような大行列となる特別展示。
あまりの行列っぷりにスルーしてしまう年もあるのですが、
今年は並ぶこともなくするするーっと入場。

「知られざる胡蝶蘭の世界」と題された世界各地のPhalaenopsis。
胡蝶蘭といえば、新装開店やら役員就任とかの際に送られてくるゴージャスなあれですね。
正直に言えば、あの花はそーんなに好みでもなく、あの大きさゆえぶっちゃけ興味がない。

あちこちのらん展に行くようになってから、小型種や原種を目にする機会もあって
ファレノプシスに対する認識はどんどん変わっていったけれども、それでもいまひとつ、ね。
小型種っていってもやっぱり大きいんだもの。

だがしかし!

これはいい!超好きだ!
2383-2.jpg
久しぶりの胸キュンです!

そして今年の大目玉。
青い胡蝶蘭。
2402.jpg
どうしてもどうしても見たままの花色が写りません。
この画像とは明らかに別色なので、皆さんご自身の目で確かめることをオススメします。
・・・なんとなく撮影してる姿が映りこんでるような気がしなくもないけど、まぁ気にすんな。


そんならん展の購入品など。

Soph.cernua (ソフロニチス セルヌア)
014-2.jpg
カトレアの仲間。画像検索すると幸せな気分になるはず。
しばらく養生したらコルク付けにする予定。

Omoea philippinensis (オモエア フィリピネンシス)
040.jpg
こっちは吊るす。速攻吊るす。あってよかった生ミズゴケ。
葉の付け根からちっさい白花がわらわらわらと咲く予定。あくまでも予定。

Schoenorchis fragrans (ショエノルキス フレグランス)
041-2.jpg
すでに持ってるけど毎年なぜか買い足してしまうフレグランス。
葉渡り2~3センチほど。何度も言いますが小さいは正義!
我が家では真夏も真冬もベランダ放置で元気でいてくれるイイ子です。
(各家庭で環境は異なります。真似してはいけません。)


めいっぱい楽しんだこの日の数値。
IMG_2287.jpg
ちょっと感度良すぎたかね(^^;






にほんブログ村 花ブログ 蘭園芸(らん)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

当日遊んでくださった方々、ありがとうございました~!




スポンサーサイト

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。