スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘭友会らん展に行ってみた

じきに6月になろうってのに肌寒い週末の東京地方でした。
梅雨はイヤだけど、もうすこし暖かい気候になってくれないもんですかねー。

そんな週末、我が家では息子の運動会でございました。
土曜日が中学生長男の体育祭、日曜日が小学生次男の運動会。

6年生の次男は今年が小学校最後の運動会っちゅーことで、いつにも増して気合が入ってましてねー。
観戦してる側も、ついつい力が入ったり胸が熱くなってみたり。
オトナだろうとコドモだろうと、何かに一所懸命になってる姿ってのは人の心を打ちますな。



さてさて。
そんな運動会三昧の間をぬって、らん展とかに行ってきましたよー。

さっきまで息子を撮影しまくってたビデオカメラを駅のコインロッカーに預け、ひらりと電車に飛び乗り向かう先は池袋。


20100530らん展01
はーい。こちら。
サンシャインシティで開催されてた蘭友会のらん展。

最近は他のらん展にも何度か足を運んでますが、季節が変わってきたからか今まで見たこともないようなランがずらりと並んでましたねー。
※画像クリックで拡大しますにょ

20100530らん展04 20100530らん展05
20100530らん展06 20100530らん展07
20100530らん展08 20100530らん展09
20100530らん展10 20100530らん展12
20100530らん展13 20100530らん展14
20100530らん展16 20100530らん展02

最後の画像、茶色い葉っぱ的なもんがビローンと3枚伸びとりますが。

20100530らん展03
その葉っぱ的なもんの表面にはこんなんがぁ~!
ちっこいちっこい花が等間隔に並んでぇ~!

20100530らん展11
これ、冷蔵庫の中に入ってたのでガラス越しに撮影。
弁慶のツボをちょいちょいっと押してきたステキなヒト。
でも冷蔵庫がないと育てらんないのね・・・

20100530らん展15
なんかね、水墨画みたいな雰囲気だなぁって。

20100530らん展17
弁慶の好きなとこ。ちなみに花は未撮影w
よくない?
こういうの好きや。

20100530らん展18
どうしてこうなった!?
なんだかすごい迫力。鉢まで逆さま・・・



すごいね!ラン!
なんかもう魅力的過ぎてコワいんですけど。
幸せすぎてアタシ怖い!的なw

展示品の周囲には例によってぐるりと即売所があるわけですねー。
こーんな色んなランを山盛り見せられた後に「連れ帰ってもいいのよ~」って囁かれちゃうわけですよ。
ここが一番コワいw




そーしーてー!
らん展会場の一画にはこんなブースも~。

20100530らん展19
チランジア屋さん

20100530らん展20
タマタマ屋さん
あ、チランジア屋さんと同一店ですけどね。

20100530らん展21
食虫植物屋さん。

しまった。
ふぃろさんに食虫屋さん来るよーて教えてあげようと思ってたんだ。ごめんにょー



チラ・タマ・食虫、ここも楽しい楽しいゾーンですなー。
どうして草花イベントってこんなに楽しいんだろう。


で、楽しさのあまりついついお持ち帰り~ ・・・した中の一品

Tillandsia ionantha v.stricta f.fastigiata 'Peanut'(Mexico)
20100530らん展22
イオナンタ ピーナッツ!!!
持ってるっちゅーのにナゼ買うか!

だってさー。イオナンタって何株あったっていいよねぇ。
ねぇねぇ?











ちと盛りだくさんな週末を過ごしていたためにリコメ遅れております。
ぼちぼち返信しますのでー。
スポンサーサイト

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

プチアエオ祭り♪

祭りだ祭りだ~!!

プチだけど~!!


・・・いや、なんとなく。。

変なテンションですみません。


とりあえず、目に付いたアエオニウムなやつらをちょっと載せてみようかと。






アエオニウム 黒法師 Aeonium arboreum 'zwartkop'
20100528黒法師
前回記事はこちら。→2009年11月4日

まずは定番どころから。
何の変哲もない黒法師。
夏っぽい葉っぱになってきたね!夏だね!!

ちなみに下画像↓↓は、ほんの1ヶ月前の姿。
20100528黒法師1


アエオニウム 衆参曲
20100528衆参曲
前回記事はこちら。→2009年2月24日

突然ですが改名します!
もともとはサンバースト名で購入したはずなのに、どっこにも斑が見当たらないw
季節が変わればそのうちに見た目も変わってくるかもーと待ってたけど、待ち続けたまま季節はいくつも移ろい・・
今日からこの人は衆参曲です!
ちなみに、サンバやムンバの斑落ちが衆参曲ね。たぶん。
しかも学名がないんだって。ふーん (´・ω・`)

あ、この衆参曲ね、放出します。
近いうちに他のもまとめて放出記事書くので詳細はそちらで。
いま挙手頂いても対応できませんにょ!



はいはい!
こっからさきは2010年期待の新人アエオニウム!
アエオもちょびっとずつ増えてきたー。

ちょいと時間がないので学名はのちほど追記予定


アエオニウム 仔吹き明鏡 
20100528仔吹明鏡2
ネンさんからもらったー!
ぼこぼこ仔が出てる成株をネンさんが購入したのですねー。
それを横から見てて、「一枝おくれよぅ」とおねだりしたのが3月下旬。

その場でポキっと手折ってもらい土の上に転がしといたらあっというまに根が出たですよ。
アエオニウムの根出しって簡単じゃーん!(←勘違い

20100528仔吹明鏡3

20100528仔吹明鏡4
まだ直径ほんの3~4センチほどなのに、足元には1周ぐるりと子どもだらけ。
さすがだね!仔吹き明鏡の名はダテじゃないね!


アエオニウム まだら黒法師
20100528まだら黒法師1
ついこないだの大船の多肉展にて購入。
実生ものだそうな。
まだら黒法師は欲しかったので即買い。

弁慶が行ったときにはもうこれ1鉢しかなかったけど、元々は何鉢かあったみたいね。
お友達ブロガーさん何名かが同じものを購入したとかしないとか。

20100528まだら黒法師2
欲しかったものを入手すると、すぐに次なる欲望が。
なんて欲が深いんだろうw
次はダルマ葉のまだら黒法師が欲しい・・・・ような気がするw

20100528まだら黒法師3
超ちびっこ~♪
でっかくなれよ~。


アエオニウム サンシモンバイオレット
20100528サンシモンv
じゃじゃーーん!!
かねてより欲しかったサンシモンバイオレット、ついに我が家にも!!!
かなりの高確率で秋にはいなくなってることが予想されるので、とりあえずエントリw

入手したのは2ヶ月ほど前だけどね。
秒殺かも・・・と思ってしばらく掲載見合わせw
事実、2本入手して1本は瞬殺でした・・・ごめん(´;д;`)



やー。アエオ祭りは楽しいなー!(基本祭り好きw 基本浮かれぽんちw









さ!週末が始まりましたぉ~

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

蟹一族

梅雨前の貴重な爽やかな季節、皆様いかがお過ごしでしょうか。

もうちょっと気候が安定してくれるといいんですけどねー。

めちゃくちゃ寒かったり急に大雨が降ったりいきなり夏日だったり、ってのが繰り返されると植物達の具合が気になりますなー。
帰宅してからベランダ見回り→一安心。てな毎日です。

あ、人間の体調も不順になってきますが、そんなこたぁ後回しですよww




ということで、なんだか久しぶりに記事にする感のあるハオルチア。

今春は色々と手を出しちゃったけど、ハオルチアへの愛は変わってないのだよ。
いや、ホントだよ?愛してるってば!



ハオルチア マメガニ 豆蟹 
Haworthia hyb. 'mame-gani' (H.asperula X H.'Kegani')

20100527マメガニ01(再作成)
前回記事はこちら。→2010年1月21日

新春の世田谷ボロ市で連れ帰ってきたんでした。
4ヶ月ほど経ちますがそれなりに順調と思われますな。

20100527マメガニ02(再作成)
若干立ち上がり気味かなー。
それでも購入時より短い葉っぱが出てきてるからそのうち美しくなるでしょ。

3鉢でおいくら!みたいな勢いに飲まれて購入した一鉢、の割にはちゃんと好みのコをチョイスしてきたなぁと。
マットな質感がカッコいいよね。

20100527マメガニ03(再作成)
一応窓もあるのですよ。
全部この葉にならないだろかw



ハオルチア 上海蟹 Haworthia hyb. 'Shanghai-gani'
20100527上海蟹01(再作成)
前回記事はこちら。→2009年6月12日

っわ。もう1年近くも前か。
そりゃ育ってるわけだわ。

そーだそーだ。これ昨年のビッグバザールで購入したんだった。
今年のビッグバザールもすぐそこですな。1年って早い。

ああしかしあれだ、これは蟹ファミリーのときじゃなくて新氷砂糖と一緒に記事にすべきだったか。
交配親が同じで新氷砂糖とは兄弟株とか。

んじゃ新氷砂糖の交配親って誰よ、ってことだけど、よく分からんかった。
マジョール(ウィミー)交配であることは確定っぽいけどね。

ピグマエア×ウィミーと書かれてる文章もあったけど、もうちょっとはっきりするまでは記憶にとどめる程度に。

20100527上海蟹02(再作成)

葉っぱふっくらで今が一番調子よさそう。
葉幅が広くてダルマ葉っぽいですな。


ハオルチア 毛蟹/毛ガニ(茶肌ダルマ葉)Cタイプ Haworthia hyb. 'Kegani'
(H. truncata × H. retusa) × H. major

20100527毛蟹01(再作成)
前回記事はこちら。→2010年2月12日

前回記事では結構いい色合いになってましたが、今じゃすっかり緑に。
まね、前回のエントリは2月だもんなー。

20100527毛蟹02(再作成)
前回の画像と並べて見比べてもらえば一目瞭然。
ペッタンコだった葉っぱがずいぶん膨らみましたよ、っと。
こういう変化って嬉しくて楽しいよなー。

20100527毛蟹03(再作成)
まだちょっと色が残ってる部分。
も少しザリザリが強いと嬉しいかもー。


あれ?
蟹一族ってタイトルにしたけど・・・これで全部じゃないようなw
うちのベランダにもっといるよね、カニたち。
まいっかーw 今回忘れられちゃったコたちは次の機会にー(ひどっw




さてー。
そろそろハオルチアの交配もどっぷり後半戦ですねー。

花芽が上がり始める前はやる気マンマンだったのに、弁慶家では今のところろくすっぽ交配が進んでおりません。
置き場所のことを考えるとねー、ちょっと躊躇するんですよ。
花弁ひん剥こうとしたその手が一瞬止まるというか。

ちょっとずつ理性を取り戻しつつあるのか、花を見つけた瞬間に交配してた昨年がまるでウソのようですww

蒔くのも育てるのも楽しいけど先を考えるとねー。
植替えを進めるごとに、より広いスペース確保が必要になるわけですから。

なので今年はちょびっとだけ。(結局することはするw
毛蟹交配はやっぱり外せないっしょ。
去年は出たばかりの花芽をぽっきりと折ってしまい無念の涙を呑んだもんです。
今年の花芽はそりゃーそりゃー気をつけましたとも。

ヘルバセアとかける予定だったけど全く花期が合わなかったので、ただいま別方面へと妄想中。
といってもまだ花が残ってるものに限られちゃうけどね。

さ、なにかけようかな♪










カニは食ってもガニ食うなー!

あぶないあぶない。忘れるとこだった・・・

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

またも新たな草とかw

最近ちょっとハオルチアやベンケイソウ科たちの出番が少ないですねー。

今年は節操なく色んなもんに手を出しちゃったからなー。

んで、開花したら記事にしたいもんねー。


でも今日のこの人たちは葉っぱむっちりなのですよ。

これはもう多肉扱いってことでいいんじゃないのー。



レウィシア ピグメアレベルナルディナ Lewisia ???
20100526レウィシアピグ1
だって購入時の名札にこう書いてあるんだもん。
あ、ラベルに書いてあったのはカタカナだけね。
どう検索しても引っかかってこなくて学名かけませんでしたーん。

なんだろ、この品種ー。
「ピグメアレ ベルナルディナ」かねー、「ピグメアレ」はpygmaeaの誤読ね、んで「ベルナルディナ」は地名か人名か固有名詞だよね、はいはい、とか先入観丸出しで調べてたけど、そもそも「レウィシア ピグマエア  Lewisia pygmaea」って全然花が違うしw
ベルナルディナって地名がウルグアイにあったりするけど、レウィシアってカナダとかに分布してる草だからなー。
ウルグアイとカナダじゃ気候が違いすぎっしょ。
あ、ロスアンゼルスにサン・ベルナルディノ山ってのがあるけどこれか?これか?
でも地名だったら、地名そのままじゃなくて、○○ensisみたいに語尾が変化したりカッコ書きだったりすることが多いよねぇ。

んじゃ、あれだ。人名だ。
ドドソンやキムナックやスコットみたいな感じで「ベルナルディナ」か?
いやー待て待て。
そもそもレウィシア(Lewisia)自体が「Lewise」さんの名前にちなんでるわけだしー。
とかごにょごにょやってると、あっという間に夜が更けていきますのでお気をつけをw

ま、名前なんていいんだけどさ。
そんなことよか早く植替えをw

20100526レウィシアピグ2
購入したときから咲く気マンマン。
この多肉質な葉っぱも好きー。

花芽やつぼみ付きで購入しちゃうと、どうしてもおっかなくて植替えできなくてねー。
よっぽどのことがなけりゃ、まぁいっか!花が終わってから植え替えてやらぁ。って気になっちゃうのですよ。
そしてビニールポットのままの苗が増えてゆく~。

20100526レウィシアピグ3
開花。お日様が出てたら本来の美しさをもう少しお伝えできたかも。
純白で和紙みたいな薄~い花びら。

20100526レウィシアピグ4
開花後しばらく経ったら、めしべがくるりんと渦巻いてきた。
咲き始めは中心にくちゅっとしてただけだったのに。かわゆすー( ´艸`)

20100526レウィシアピグ5
花茎があんまり伸びずにボンと咲いてる感じがいいのだよー。
白いつぼみもいいねー。

20100526レウィシアピグ6
何輪かまとまって咲いたときはそりはそりは美しかったんじゃないかと。
断言してないのは、全満開の姿を見てないからでして。
お天気のいい昼間は全部開いてたんだろうなー。
弁慶が目視できた姿は、この画像くらいの開きかけ(または閉じかけ)状態のみ。
満開の姿・・見たかったー。



レウィシア レディビバ Lewisia rediviva 
20100526レウィシアレディビバ1
レウィシアいいじゃん!てことでもう一株買っちったw

某所でやってた某展示会(なにこの文章w)を見に行った際に、山野草コーナーで見つけちゃったのだものー。
ちょうどベランダでレウィシア開花祭り中で気持ちが盛り上がってたのだ。わはは。

にょーーんと伸びた素っ頓狂な姿がよいよね。

20100526レウィシアレディビバ2
こんなオモシロ葉。
やっぱりこれもちょっと多肉気味の葉っぱ。

20100526レウィシアレディビバ3
くすん。咲いた画像これしかないの。
日中に開いてるっぽかったけど、平日お仕事だと見れなくてねー。
やっと撮影できた時にはもうお花終わりかけ・・花びらヨレってました。
来年はピンとした花を見てやるのだ。

20100526レウィシアレディビバ4
この雄しべの先っちょの花粉の色。
サーモンピンクだかサーモンオレンジだか、とにかくこの色がめっちゃ好きです。

20100526レウィシアレディビバ5
開花時は花びらヨレってましたけど、この閉じかけの姿は秀逸。

20100526レウィシアレディビバ6
平日、弁慶が帰宅するとほとんどこの状態。
花は閉じてしまってても、この美しい姿を存分に愛でておりました。

さてさて。レウィシアの開花株が2鉢。
ここは当然、あんなこととかこんなこととかゴニョゴニョっとしてむふふふ。

・・・ってのは妄想だけで終わりました。
だって全く開花期合わなかったんだもん。
来年はどうかな。
というか、きちんと開花してる状態を見れないとゴニョゴニョもままならないわな。










天気の変動が激しいですのぉ。

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

雨の日の過ごし方

雨ぇ?

そんなん関係ないっしょ!!

そこに緑がある限り、雨でも風でもれっつごー★でしょ!



これは東京地方で終日雨が降ってた日曜日のお話。



20100525花緑フェア01(再作成)
【花と緑の市民フェア】なるイベントに行ってまいりました。
ご覧の通り雨。みなさん傘さしてますねー。

広々として気持ちよさそーな会場でしたから、お天気が良かったらもっと盛大に人が集まったのかも。

傘をさして植物見るのは別に苦にならないですが、この日は靴の選択を誤ったー。
ついうっかり布の靴w
雨なのにww
もう、弁慶ってばうっかり屋さん(はぁと

20100525花緑フェア14(再作成)

20100525花緑フェア15(再作成)

植木市っぽい感じ。

季節の草花があり、盆栽があり、山野草的なブツとかも(←ちょいキケンw

あ、会場内には『動物ふれあいコーナー』的なもんもありました。
柵内では小さな子どもらがヒヨコ触ってたり。
ヒヨコの撮影したかったんだけどさー、傍から見たらどう考えても幼女を撮ってるようにしか見えないと思われたので自粛w
ほか、実物見てはいないですけど、「○時からポニーに乗れまーす」みたいな放送もされてましたね。
さすが市民フェア。

どうせ雨で人が少なかったわけだし、ポニーに乗ってくりゃよかったかなw


20100525花緑フェア08(再作成)
雨に打たれる姫スイレン。
普通の青いポリバケツにて開花。
やっぱスイレンてキレイだよねー。
場所さえあったらビオトープとかにも手を出したいけどなぁ。

20100525花緑フェア11(再作成)
雨に打たれるアジサイ。
やっぱり雨とアジサイはよく似合うよね。

20100525花緑フェア09(再作成)
雨に打たれるでかアエオ。ちょっとカッコよかった。
いちいち書いてますけど、要はすべての植物が雨に打たれてたわけでw

20100525花緑フェア10(再作成)
なんかこの色合い良くない?
うちのアエオ鉢は通年直射バリバリなので、こんな微妙な色合いは一瞬で通り過ぎちまう。



そんな感じやこんな感じで会場を見て回ったりね。
でもこの日の真の目的はこれ。

20100525花緑フェア02(再作成)
VIVA!食虫植物!

20100525花緑フェア03(再作成)
サラセニア軍団。
でっかいサラセニア好きー。でも家にでっかいのは置けないから見るだけー。

20100525花緑フェア04(再作成)
同じくサラセニアの開花軍団。

20100525花緑フェア05(再作成)
あまりのエグさに思わず鼻息荒くなるってもんでさぁw
あぁもう、溶かされてしまいたい。

20100525花緑フェア06(再作成)
ムシトリスミレたちも花盛り!
近づいてよく見たら、このスミレさんたち結構熱心にお仕事中でしたね。
葉っぱに数々の(以下略

20100525花緑フェア12(再作成)
ドロセラ(モウセンゴケ)の花。つーかまだ開いてないけど。
虫も殺せぬような可憐でキュートな花なのにね。
補虫葉ではあんなドロドロと(以下略



手ぶらで帰宅するつもりだったのに、なぜか手にぶら下がってるビニール袋w

20100525花緑フェア13(再作成)
ほいっ。
この日の戦利品。
一鉢だけっすよ。購入したのはね。









晴れでも雨でも嵐でも。

毎日笑って過ごそうじゃないの。

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。