スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの実生苗の話 ~サボサボ編~

はいはーい。
だんだん皆さん飽きてきたかと思われますが、せっかくの機会なので実生苗シリーズもう少し続けます!
今日はサボ!サボサボ!


アストロフィツム 碧瑠璃鸞鳳玉 Astrophytum myriostigma var. nudum
(2008年6月21日播種:実生開始から約1年6ヶ月)
20091222ヘキラン

エキノプシス 銀麗丸 Echinopsis silvestrii
(2008年7月23日播種:実生開始から約1年5ヶ月)
20091222銀麗丸

ギムノカリキウム 翠晃冠 Gymnocalycium anisitsii
(2008年7月23日播種:実生開始から約1年5ヶ月)
20091222翠晃冠

マミラリア 猩々丸 Mammillaria spinosissima
(2008年6月28日播種:実生開始から約1年6ヶ月)
20091222猩々丸1

20091222猩々丸2

マミラリア カルメナエ Mammillaria carmenae
(2008年6月28日播種:実生開始から約1年6ヶ月)
20091222カルメナエ

マミラリア 白星 Mammillaria plumosa
(2008年7月31日播種:実生開始から約1年5ヶ月)
20091222白星1

20091222白星2

コリファンタ グリーンウッディ Coryphantha greenwoodeii
(elephantidens ssp. greenwoodiiかも)
(2008年6月21日播種:実生開始から約1年6ヶ月)
20091222グリーンウッディ

アストロフィツム 兜 Astrophytum asterias
(2008年6月28日播種:実生開始から約1年6ヶ月)
20091222兜

つ・・疲れた。。
ホントはそれぞれに過去記事リンクとか貼りたいんだけど、力尽きました。

過去の様子はこの辺とかこの辺からなんとなくどうぞ。

しかしあれだ。
比較物を置かないとどんだけ育ったか分かんないねぇ。



■ベランダ気温24時現在:10度








にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ

さて~。
実生苗シリーズ、アナカンプセロス・玉形メセン・サボテン、、、、次はなんだと思う?
スポンサーサイト

今日はチクチクの日

関東地方、ただいま台風接近中です。明日の昼前に最接近とか?
みなさま、取り込んだりくくりつけたりといった多肉の備えはできていますか?
と問うておきながら、我が家では大したことしてないのですが。

台風も近づいてくるし、少しだけ整理整頓しようかなぁとあたりを見回したら、去年種蒔きしたサボテンの実生っ子たちが視界にとびこんできましたよ。
この夏でググっと成長して、ちょっとこれはヤバいかな状態。
あー。ホントは梅雨前に植替えしようと思ってたんだっけ。


サボ実生鉢
20090830サボ植替1
ちょっとヤバいかな状態。

20090830サボ植替2
むむむ、ヤバいだろ~状態。
いたって元気いっぱいなので生育は問題ないと思いますが、これだけぎゅぅぎゅぅだと球体同士押し合ってる部分の刺が寝てしまいます。刺が隣の株に刺さっても困りますしね。

気温が低くて非常にベランダが快適だったことも手伝って、一気に植替えしちゃいました。
さっくり終わるかと思いきや、思いのほか時間がかかった~。

数が多いし、これ刺が指に刺さるんですよ。
実生1年生、まだ刺なんかぽやぽやで触っても全然痛くないのに、指に違和感を感じて見てみると必ず2~3本は刺さってる。やわらかーい刺がね指から飛び出してるの。
ほっそーい刺ですから血が出るわけでもなく、指で普通につまんで抜けるんですが刺が刺さってる状態だとなんか気持ち悪いの指先が(当たり前だ

頂き物のガーデニンググローブが納戸に眠ってたりするので持ち出して来ようかと思いましたが、えい、ままよ!とそのまま続行。

もう少し刺が立派になってきたらグローブは必須ですね。一株二株なら素手でやっちゃうでしょうが、コレだけの数になってくると装備した方が効率よさそうだ。

で、植え替え後。
じゃじゃん!
20090830サボ植替3


20090830サボ植替4
植え替え時には隣の株と球体1つ分の間隔を空けて・・・なんて聞きますが、ホントにこうやって植え込むと、植え替え前の5倍くらいスペースが必要になるんだよね。
いまはまだ平気だけど、次の植え替えは半ば恐怖ですな。

でね、植え替えしながらタワムレにこんなもんを。
20090830サボ植替5


20090830サボ植替6
これね、1号鉢です。ちっさーいの。
陶器製で底穴も開いてるので一応植木鉢としての機能は備えてますが、まぁそんなに長いことは植えとけないでしょうね~。
分かっちゃいるけどやってみた。だって可愛かったんだもん。て、少女か!

20090830サボ植替7
こちら紫肌に黄色い刺の紫雲丸~

20090830サボ植替8
翠晃冠。
小さい割りになかなか刺がカッコいいです。刺の先っぽだけ色づいてんの。

20090830サボ植替9
えーとえーと、この人誰だっけw


で、1号鉢ってのがどれくらいちっさいかと言いますと~。
20090830サボ植替10
こんな感じ。左はどってことない3号鉢です。

さらに一鉢だけで比べてみると~~
20090830サボ植替11
ちっさ!! んで3号鉢でかっ!!!
1号と3号、口径だけなら3倍ですが、容積は10倍以上ありそうな感じ。


さてさてさて。
1号鉢サボブラザーズ、作っては見たもののどうすんだこれw






にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

マミマミたち

今日も暑かった東京地方、みなさんバテちゃったりしてません?
私はともかく、草がちょいちょいバテ始めてるようでして、外葉がちらりと腐ったりしてるハオルチアをちらほら見かけてしまいました。
成長遅いハオだと葉っぱ1枚出るのに何ヶ月もかかりますからね~。ちらほら、程度でとどめておきたいところです。しばらく水はやらんことにしようっと。

昨日に引き続き、サボ実生っ子をば。
今日はマミラリア特集。マミマミ。

なんかマミラリアって超かわええ!と思い立ち・・・・種を撒きました。普通は苗を買うだろw
ホントはこの倍くらいの種類を撒いてるはずなんだけど、残ってるマミマミはこんなもんでした。
画像でしか知らず、実物を肉眼で見たことがないものがほとんど。
それなのに種を撒くって。今更ながら無謀としか思えない。

まぁもう1年も前のことだし。どうにかこうにかちゃんと育ってるっぽいし。
結果オーライっちゅーことで。マミマミ。


マミラリア 白星 2008年7月31日播種(実生開始から約1年)
20090712白星1

20090712白星2
撒いてから1年経ってるのにちっちぇぇ!
柔らかそうな細かい毛がポヤポヤで、ゴミか綿ボコリに見えますww


マミラリア 希望丸 2008年6月28日播種(実生開始から約1年1ヶ月)
20090729希望丸
まだ毛がまばらだね~。成株はもっと毛が密で非常に美人さんですの。


マミラリア 猩々丸 2008年6月28日播種(実生開始から約1年1ヶ月)
20090712猩々丸1

20090712猩々丸2
名前だけ聞いたときはフライレアかと一瞬思いました。なんでだろ。「猩々」ってのが動物っぽいからかな。でももちろんマミの人ですw
赤い刺が印象的、になるはず。すでにほんのり刺が色づいてるの分かる~?


マミラリア カルメナエ 2008年6月28日播種(実生開始から約1年1ヶ月)
20090729カルメナエ1

20090729カルメナエ2
すっごい可愛らしいんですけど。
でもでも、これを見るたびに吸盤ボールを思い出しちゃうんだよね~w

んー、サボ実生苗、まだまだあるんだよなー。去年どんだけ撒いたんだよ。
とても全部は紹介し切れそうにないので(毎日同じ内容だと私が飽きちゃいそうw)、他のサボサボたちは、またそのうちに。機会があったら。枯れてなかったらw






にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

1年経ったよ~^^

あれれっと。昨日記事アップしなかったっけ。
まいっか。今日は今日の記事を書くのさw

昨年初夏。どういうわけだか種蒔き病に罹りまして。
種を撒きたくて撒きたくてしかたないと言うしょーもない病気なんですが、とにかくそんな病のおかげで種を巻きまくった結果がこちらでございます。

エキノセレウス 紫太陽 2008年6月28日播種(実生開始から約1年1ヶ月)
20090728紫太陽1
20090728紫太陽2
20090728紫太陽3
過去記事はこちら→2008年10月19日
この1年で2度ほど植替えしましたかねー。
でもまたこんなにギュゥギュゥ。植え替えておくれよぅと訴えかけられてるようです。
早く紫にならないかな~(だから植え替えろと


アストロフィツム 兜 2008年6月28日播種(実生開始から約1年1ヶ月)
20090728兜1
20090728兜2
20090728兜3
いやああぁっ!かわいいじゃないのっ!
星の多い子も少ない子も、べりぃきゅーと♪よアナタたちっ。

これ実は2週間ほど前の画像でして、今はもう一回りギュムっと膨らんでおります。
この兜の実生苗はホントに愛らしい。すっかり骨抜きに。もうメロメロ。

あ、過去記事はこちらからね→2009年4月11日


コリファンタ グリーンウッディ 2008年6月21日播種(実生から約1年1ヶ月)
20090728グリーンウッディ1
なんと、この子ってば実生直後にしか記事にしてなかったみたい。
前回記事→2008年7月11日
20090728グリーンウッディ2
分かる?
20090728グリーンウッディ3
斑入り出ました♪
ま、「グリーンウッディ錦」として種子購入してるので、斑入りが出てもおかしくないんだけどー。
他が全部青なのでやっぱり嬉しい。
斑の入り方は今ひとつっぽいけど、大事に大事にしないとね。

ということで。
気付けば種蒔き病から1年が過ぎ、実生っ子たちってばこんなにすくすくと成長してました。
もちろん途中途中で脱落しちゃった苗も多々あるんだけどね。
そんなことには懲りずに、やっぱり種があったら撒いちゃうんだろうなぁ。

ちなみに、この種蒔き病、治療できる人がおりませんので現在も継続罹患中ですw
昨年よりもいくらか軽症とはいえ、やはり今年もそれなりに撒いてますよ~。
早く治療しないと、ベランダが実生苗で溢れかえります。
種蒔き病を治せるドクター、見かけたら教えてくださいw






にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

実生サボなんぞを

暑いっちゅーの!
今日はほぼ一日、息子が入っている少年野球チームの練習を観戦しておりましたが、いやー暑いのなんのって。
上からの直射日光と地面からの照り返しで、初夏どころか真夏じゃねーの?という暑さ。
あの炎天下の中、よくまぁ子ども達は一日中走り回ったりしてますよ。そりゃ体力もつくわけだわな。


昨年の6月、初心者の癖にサボテンの種なんぞを撒いてみました。
そもそも成株すら持ってないくせに、サボテンとのファーストコンタクトが実生とはこれまたいかに。
そこに種があったから。てなことにしときましょうか。

 2008年6月28日播種(実生開始から約9.5ヶ月)
20090329兜実生1
いやー、初心者が撒いても、どうにかこうにか育つもんです。
特に室内退避もさせず、ベランダで普通に越冬させました。加温しなかったせいなのか、半年前の記事画像と比べても、それほど大きくなってはいないです。色も紫だし。

20090329兜実生2
肌面の星が多いコ・少ないコ、さまざまですね~。
直径5ミリ~8ミリってとこでしょうか。1センチには満たないと思います。
あ、ちなみに播種2週間後の様子もお暇だったら見てみてー。

20090329兜実生3
植替えするのは今年の秋かな~。


ランポー玉 2008年6月21日播種(実生開始から約9.5ヶ月)
20090329ランポー実生1
ついでにランポーも。
兜よりランポーの方が、一回り径が大きいです。それにしても1センチあるかないかだけど。


20090329ランポー実生2
稜の数も色々です。4稜のコもいずれ5稜になっちゃうんでしょうかね。
しかし、確かヘキランを撒いたはずなんだけどなぁ。なぜ白いコが。
あ、白と言えば、同時期に恩塚ランポーも撒いたのですが、そちらはいつの間にか消え失せました。。

20090329ランポー実生4
ピンクのツートンカラーのコがいる!なんか嬉しい~。



にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。